長い運営歴は何がメリットになるのでしょうか?

接客サービスを行う様子

運営歴の長さと安全性は比例する?

運営歴の長さのイメージビジュアル

運営歴とは、運営してきた時期や期間の事を指します。
例えばWED上での商品購入や、サイトでのユーザー登録など、そのサイトやブログや広告は本当に信頼出来るのか?と悩むものです。
そんな時に注目すべきは、運営歴です。その理由をご説明致します。

 

運営歴が長いメリット

運営歴が長いことにおけるメリットは何でしょうか?3点ご紹介します。

 

コンスタントに取り引きをしている

運営歴が長いという事実は、何かしらのサービスを提供し、仕事としての取引が続いているということです。それは、毎日仕事としてのサービスや商品販売などを続けているという事になります。
運営歴が長い事は毎日努力を積み重ねて取引をし、仕事を提供している証拠になるでしょう。

 

悪徳でない可能性が高い

不良品や製品不良を販売しているとお客様からその運営会社に対して何かしらのクレームや文句が付きWeb上で騒ぎになり、ニュースとして取り上げられます。
運営歴が長い事は、商品を提供する際に商品の不良品を提供していないと言う事になります。

 

顧客が定着している

仕事上でやり取りをする際に連絡をしたり相談をしたりして取引きを進めないと仕事は進みません。
商品購入の場合にはお客様に対して説明をしたり回答をしたりしているからこそ商品の購入に繋がり、結果的に長く運営が出来るということになります。

 

 

どれくらいから長いと言えるのか

三年以上をポイントに運営歴を見て

取引をする上で、運営歴が長く安全性を考える時に期間は運営歴の期間がどの位経過していると、長いのか?大体の目安ではありますが約3年と言えるでしょう。仕事に慣れるのと同じで、1~2年は自分の成長のために時間を割き、やっと3年目で軌道に乗ったり顧客が定着したりといったビジョンが一般的です。

 

また、商品販売の場合には、運営サイトやブログで購入してくれる方が増えますので、取引の履歴や口コミや評価もあるでしょう。その為に評価や評判をサイト上で見る事が出来ます。
それと同じで3年間インターネット上で運営しているのは、努力やお客様との関わりも増えることから約3年が一つの基準と言えます。
更に10年や20年では、もうベテラン運営と考えていいでしょう。
ベテラン運営では、長い運営をしている事から3年と比べても更にお客様が多い事が想像出来ます。この様な運営なら、是非受けてみたいと感じます。

 

関連記事:サービス内容の質を見極めるポイントとは