商品販売における優良と悪徳の違いは、接客サービスの良し悪しです。

接客サービスを行う様子

商品販売における優良と悪徳の違い

商品販売をする店員
商品購入の際に受ける接客ですが、ここでも「悪徳」と「優良」の差があります。ではどのような基準で判断すれば良いのでしょうか?

 

質のいい商品販売

商品についての説明が明確であり、決して押し売りをしない点が優良な接客です。
無理に購入させてしまうと企業イメージの低下を招いてしまう恐れがあるため、商品の魅力やデメリットを知ったうえで顧客を獲得する真摯な接客方針を打ち出している背景があります。「押し売りをせずとも商品自体の魅力で購入してもらえる」という自信の裏付けとも取れるでしょう。また、優良な商品販売ほど返品交換・キャンセルに応じてもらえます。

 

優良な商品販売の具体例
・笑顔でお出迎えしてくれる

・商品を見ている時に余り声を掛けないでゆっくりと見させてくれる
・落ち着いて話しや相談を聞いてくれ、欲しいと思う商品を提案してくれる
・帰り際に出口までお見送りをしてくれる

 

こんな接客を受けたことがあると記憶にありませんか?
実は企業の接客マナーで厳密にマニュアル化されていたり、社内で接客の質を向上させるために取り組みがされていたりと普段当たり前のように受けている接客の裏には様々な努力があってこそのものです。

 

悪徳な商品販売とは

優良の接客とは反対にどうにか理由を付けて商品を購入させようとします。商品知識が浅く、キャンセルや交換・取り寄せなどの対応力も低いことが多く、中には高級商品だといい高額な商品を売りつけるなど詐欺めいた事例も。また、髪がぼさぼさであったり、爪が長かったりと清潔感に欠ける身だしなみである点も質の悪い商品販売の基準になります。

 

悪徳な商品販売の具体例
・半ば強引に商品を勧められた

・対応が不愛想
・商品の陳列が雑
・結構だと言っても何度も話しかけてくる

 

日本の接客レベルは世界でもトップクラスと言われているなか、時々上記のような接客を受けると嫌な記憶が残り、再度来店することをためらうでしょう。質の悪い商品販売の接客はお店側の教育が行き届いていない証拠でもあります。

 

関連記事:サービス業の悪質・優良